1月 31

谷間の誘惑

ふぅ。今日も外回り疲れたなぁ。

毎日相変わらずの満員電車。なかなか慣れるもんじゃないよなぁ。

でも今日は・・・はからずも若い女の人がそばにいる。

それにしても、この女の人の服装・・・えらく胸が開いてるもんだから

なんか谷間ちっくなものが見えちゃって・・・目が離せないよ。

14

それにしてもおっきぃなあ・・・

受付のマミちゃんも、ブラウスの上からしかわからないけど

おっきぃような感じするんだよなぁ。

マミちゃんもブラウスのボタンをはずしたら、こんな風な谷間が見えるのかな・・・

ヤバイ・・・なんだかハァハァしてきちゃったよ・・・

 

マミちゃん・・・そんな清楚な顔して

ブラウスのボタンをひとつずつはずして・・・

ボクのこと、誘惑してるの?

えっ?触って欲しいの?

・・・おっ、女の子のおっぱいってこんなにやわらかいんだね・・・

マミちゃんも・・・触られたら気持ちいいの?

ねぇ・・・このブラジャーの中はいったいどうなってるの?

ボクまだAVとか雑誌のグラビアでしか見たこと無いから・・・

見たいよ・・・マミちゃんのブラジャーの中、見たいよぉ~・・・

 

・・・はっ!!

気がついたらそばで立ってた女の人の胸の谷間をガン見してた。

ついでに・・・股間がテントになってた。

女の人がすごく怖い目つきでボクを見てる。

ヤバイ・・・!

とっさにボクは満員でぎゅうぎゅうになってる人混みをかき分けて

別の車両に逃げ込んだ。

 

・・・あの目は絶対ボクのことを警察に突き出す目だった!危なかった・・・

危うく無実の罪で痴漢にされるところだった。

手が伸びちゃう前でよかったぁ。

あんな胸の開いた服で電車に乗ってこないで欲しいよ。

 

だけどもし、目の前にいるのがマミちゃんだったら・・・

 

ヤバイ!明日会社で受付の前を通るだけでテントになっちゃいそうだよ。

そうならないように、今夜もオナホでしっかり抜いておかなきゃ・・・